フォトプリント研究室
フォトウェディングの流れ

フォトウェディングの流れ

フォトウェディングを撮りたいと考えていても、どのように予約をすれば良いのか、当日はどんな準備をしたら良いのかわからないという人もいるでしょう。そこで、フォトウェディングの流れについて解説します。

・予約

フォトウェディングは、撮りたいと思ったからといって、すぐに撮れるわけではありません。少なくても、約2カ月前には予約しておくといいでしょう。
なぜ、そんなに前に予約をする必要があるというのかというと、それはアルバムが完成するまでには、1ヶ月以上の時間がかかるからです。
希望する日から逆算すると、約2ヶ月以上前には予約しておくことが大切です。

・打ち合わせが大切

予約が完了したら、後は細かい部分に至るまで打ち合わせをしましょう。
どんな写真を撮りたいのか、衣装や小物の準備や、納品の方法などを話し合って決めます。
そして、撮影日にこだわりたい場合は、できるだけ早めに予約を入れておくようにしましょう。なかでも、大安は多くの人が撮影日に選びたいため、早くしなくては、すぐに予約で埋ってしまいます。
また、ロケーション撮影がしたいときには、どういったところで撮影ができるかを聞いておくのもいいでしょう。
そして、衣装選びも大切な準備です。コンセプトに合った衣装を選ぶようにしましょう。
また、インナーやストッキングは自分で用意しておくようにすることが必要です。

・最終確認

撮影の最終確認は、前日になることが多いです。もし、変更したいことがあったら、このときに言っておくといいでしょう。特に、ロケーション撮影をおこなうときには、天気については早めに確認しておくことが大切です。
また、気になる点があったなら、遠慮なく質問しておきましょう。

・本番当日

本番では、メイクをこて、衣装に着替えたらスタジオで撮影をします。ロケーション撮影があるときには、移動をしてから撮影をします。そして、撮影が終わったからといって、それで終わったわけではありません。その後で、使用する写真を選びます。このときには、夫婦でよく話し合って決めるようにすることが大切です。